« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月29日 (木)

こばしアシカとランデブーの巻

本日Perthの最高気温は39度。

ダイビングショップのツアーでアシカ(オスのみ)が生息するCarnac Island(カーナック島)へ行った。

Fremantle港から高速船(小型ボート)に乗って出発。

Img_1128

Skipper(スキッパー:船長の意) はうちのボス。

Img_1132

波はとてもおだやか。

船は20分ほどで島の近くに到着。

若干距離はあったが、まずは1匹、浜辺にいるアシカを確認することが出来た(注:写真中央の浜にいる灰色の物体)。

Img_1135

野生動物保護と毒ヘビがいるという理由から島への上陸が禁じられているため、みんな船からエントリーすることになる。

ちなみにこのアシカツアーは浅瀬で行われるため、スクーバダイビングではなくスノーケルのみ使うスキンダイビング(素潜り)だ。

透明度が半端ない。

Img_1137

お客様を全員海に送り出し、私もいざ入水。

水温も冷た過ぎず、ちょうど良い。

今年はアシカの数が少ないらしく(サメの影響という噂)、探すのも一苦労だったが、それでもなんとか数頭を見つけ、一緒に泳ぐことが出来た。

感動!!!!!

あまりにも嬉しくて水中で大声を出したため、スノーケルが口から外れて一瞬てんやわんやになった。

私は水中カメラを持っておらず、残念ながら水の中の様子を撮影することはできなかったのだが、端から見たアシカさんはこんな感じ。

Photo

こうやって見ると、大きさがイマイチ分からないが、実際のアシカさんはかなりデカイ。

プロレスラーぐらいはあると思う。

みんな一度船に戻り、ランチタイム。

今日はサンドウィッチです。

Img_1142

少し休んで、再び海へ。

午前中から陸でずっと寝ているアシカが1匹おり、ボスから「お客様のためになんとか海におびき寄せろ」という指令が下った。

一緒に乗船していた男性スタッフと私は、クマの耳がついたフードをかぶり、浜にいるアシカくんの気を引く作戦に出た。

しかし彼は無反応。

フィンでバタ足をして波音を立てたり、男性スタッフに限っては三点倒立までしたのに無反応。

というか無関心?

そうこうしているうちに、休憩を終えたお客様たちがぞくぞくエントリー。

それでも、一向に海に入ってくれないアシカくん。

そんな状況のため、お客様はみんな浜に寝ているその様子をひたすらカメラに収めていた。

するとアシカくん、それに気を良くしたのか突然海に向かって歩き、波打ち際で体をかき始めた。

Photo_2

これはもしや、そのまま入水か?!

と思いきや、結局その場に数分滞在し、また元の岩場へ帰って行ってしまった・・・。

人もアシカも思わせぶりなヤツはやっぱりダメだな・・・。

おびき寄せ作戦は失敗。。。

失意のまま船に戻り、そのまま港へ向かう。

空もだんだん曇ってきた。

Img_1153

アシカはそんなに見れなかったが、それでもとても楽しかった。

海もキレイだったし、いろんな人たちと潜れたのも良かった。

Carnac Island また行きたい。

Img_1136 

| | コメント (2)
|

2011年12月27日 (火)

こばし初めてカジノに行くの巻

隣のシェアハウスに住む台湾ボーイ Sunny(サニー)に誘われて、初めて本物のカジノに行った。

とは言っても賭けるお金もないため、目的はカジノ内レストランでやってるバイキングだ。

Perth駅から直通の無料バスに乗り、カジノ到着。

Img_1115

中に入り、お得な$10(大体800円ぐらい)チケットを購入。

チケットの内容は以下の通り。

●Perth駅⇔カジノの送迎バス利用

●ランチ代(バイキング)

●3ドル分のゲーム代(カジノ利用)

ありえないほど安い。

Img_1116

とりあえず腹ごしらえ。

レストランへ進み、数十種類の料理、デザート、ドリンクの中から自分の好きなものをチョイス。

日々の生活で不足している栄養分を全て補うことができた上、味も最高、大満足。

特に嬉しかったのはチョコレートソフトクリームの機械があったこと。

ここぞとばかりに頂いてしまった。

幸せなひととき、ありがとう。

Img_1111

Sunnyから「お金かからないし、カジノの会員カードを作るといいよ」と勧められ、言われるがまま申し込みしてみた。

カードがあるとポイントが貯められる上、カジノ内の自販機のドリンクが無料で飲める。

カジノ、かなり儲かってるんだろうな・・・。

写真は最初に買った$10チケットと、作った会員カードなのだが・・・

Img_1122

カードの名前に注目して欲しい。

Img_1123

“KA”BASHI ?

カバシって誰・・・。

私、コバシ・・・。

受付のおばちゃん良い人だったから、まあ、どっちでもいいや・・・。

折角なので、チケットの1ドル分を賭けて「KENO」というゲームをやってみた。

予想通り、負け。。。

お金は地道に働いて稼げということだな。

このカジノの隣にはホテルが併設されており、玄関前に大きなクリスマスツリーとトナカイがあった。

Img_1106

素晴らしき初カジノ潜入。

“オーストラリアにいるからこそ”の貴重な経験だ。

| | コメント (2)
|

2011年12月25日 (日)

Happy Merry Christmas ! ! in Perth

ブログをご覧の皆様、メリークリスマス!!

今日はクリスマスだし、日曜日だし、日本はケーキだ!飲み会だ!プレゼントだ!と賑わっているのではないだろうか。

こちらPerthも今月に入ったあたりから街中クリスマス風にデコレーションされ、夜はイルミネーションが点灯、お店もクリスマス商戦真っ盛り。

そんな力の入れようで迎えた12月25日、Perthのクリスマス・・・ですが・・・。

ほとんど(おそらく99%)の店は閉まり、開いているのはチャイニーズ系のショップ数店のみ。

今日は大手スーパーやマクドナルドまでもが休み。

なので、Cityに行ったところで何も買えないし、何もできない。

どうやら、“家族みんなで集まって家で過ごす”というのがオーストラリアのクリスマスらしく、基本的にみんな外出しない。

そのため、昨日は買いだめをする人たちで街中もスーパーも大変な騒ぎになっていた。

ちなみに明日26日は「Boxing Day(ボクシング・デー)」といってデパートなどが一年に一度の大バーゲンをする日。

今日の反動で明日のCityはきっとハチャメチャだ。

ということで、本当はPerthのクリスマス当日をレポートしようと思っていたのだが、それは完全に無理なようなので、イヴまでの様子で勘弁して欲しい。

まず、街の中心に設置されたクリスマスツリー。

夜になるとイルミネーションが点灯。

かなりキレイ。

Img_1068

クリスマスの数日前、広場のステージでミュージカルをやっていた。

駅前の広場だったので電車を待つまでの間、数分だけ鑑賞。

Img_1100_2

それからここ数日、新しいタイプの大道芸人が増えてきた。

こちらは竹馬おばさん。

写真もバンバン撮らせてくれる。

かなり太っ腹。

Img_1099

路上アーティストたちもクリスマススタイルだ。

先日からクリスマスホリデーに入っているため、子供たちもたくさんいる。

日本の街もこんな風だったら楽しいのに、とよく思う。

Img_1101

私はというと、昨日は仕事で結局夜8時前に退社。

帰宅してから隣のシェアハウスのパーティに参加し、楽しいイヴの夜を過ごすことができた。

今晩はナナちゃんが作ったピザでクリスマスを祝う予定。

楽しみ~。

Img_0980

| | コメント (2)
|

2011年12月16日 (金)

本場のカレー堪能

シェアメイトのナナちゃんに誘われて、本場のインドカレーが食べられるというお店へ。

仕事を終え、その足で待ち合わせ場所へ急ぐ。

ナナちゃんの他に、以前シェアメイトだったユキちゃんも一緒だ。

お店の場所はスワンリバー(“リバー”という名だが、正確には海)沿い。

開店時間の6時半が近づくにつれ、人がどんどん集まって来た。

Img_1070

このお店、なんと食べ放題。

しかも驚くことに値段はお客さん自身で決められるらしい。

やばい、貧乏な私には持ってこいのシステムだ。

ビュッフェ形式のため、食べたいものを食べたいだけ取ることができる。

とは言っても、一度にたくさん食べるのが苦手な私。

Img_1072

結局そんなに取れなかった・・・。

当たり前だが、日本のカレーとはちょっと味が違い、その上結構スパイシー。

辛いものがそんなに得意ではないので、ゆっくり食べることに。

でもさすがは本場、とてもおいしくいただきました。

女3人、話は盛り上がり、お腹もいっぱい。

さて、お支払いの時がやってきました。

えーっと・・・すいません、$1で勘弁してください・・・。

次に来た時は今日食べた分も上乗せしてお支払いいたします・・・。

帰り、お店のテラスから見えるスワンリバーが本当にキレイで、しばらく眺めていた。

Img_1074

カレーにも感動、スワンリバーの夕暮れにも感動。

「Perth を離れる前にもう一度来店するぞ」と心に誓った。

| | コメント (2)
|

2011年12月15日 (木)

Early Bird こばしの巻

(注: Early Bird とは「早起きな人」という意味です。)

早朝バイトも早2週目。

毎日ジャガイモやらニンジンやらサツマイモやら大量の野菜の皮をむき、カットしている。

時間がある時に限るが料理を作るのは好きなので、キッチンハンドはとても楽しい。

ここは一応カフェなのだが“Japanese food & cafe”風なお店なので、お寿司や生春巻きなども作っている。

私は仕込みが中心なので、キッチンで行われる朝の“巻物戦争”に出兵することなく、店内のカウンターにて好青年T君と仕事をすることが多い。

T君はまだ22才。

1年近くこのカフェで働いているため、何でも知ってるし、仕事も出来るし、みんなから頼りにされている。

私より10才も年下だが、それを感じさせないほどのしっかり者だ。

そして2人の間に大きな共通点発覚。

私とTくん、同郷だった・・・。

「オレ、オーストラリアに来てから、自分と同じ県出身の人と会ったの初めてです!!」

と言われた。

確かに、私もこっちに来てから出会った同郷の人はT君を含めて2人だけ。

すごい偶然だ。

そのため、ローカル話で盛り上がることもしばしば。

また、朝の仕込みの時間はいつも店内に音楽が流れているのだが、その選曲がまた素晴らしい。

私の大好きなロックバンド「Blue Hearts(ブルー・ハーツ)」の曲が多いのだ。

T君:「Blue Hearts でいいですか?」

 私:「というか、Blue Hearts がいいです。」

こんな感じ。

また、仕事中に淹れたてのおいしいカフェラテをいただけるのもありがたい。

私も実家ではよくハンドドリップでコーヒーを入れていたが、さすがに商売人が作るコーヒーの味には勝てない。

それからもうひとつ、驚くべき出会いがあった。

キッチンを仕切っているA子さんという方がいるのだが、なんとダイビングインストラクターのライセンスを持っており、その上なんと、うちのボスTさんの教え子であり、インストラクターK子さんの後輩だった!!

このことをボスとK子さんに伝えたら、

「え!!A子さん、今どこで何やってんだろうって思ってたけど、まさかこんなところで繋がるなんて・・・。」

と、もちろんビックリ。

Perthって意外に狭い。。。

そんな感じで、ここのお店はオーナーを始めスタッフみんな親切。

おかげさまで早朝バイト、とても楽しいです。

クリスマスホリデーまであと数日、頑張ります!!

| | コメント (2)
|

2011年12月 5日 (月)

夜のバイト(終)→早朝バイト(始)

クリーナーのボスが来週日本へ帰国する関係で、夜やっていた掃除のバイトは先週いっぱいで終了。

それに伴い新しいバイトを探さなければならない。

当初、ネットで検索したりエージェントの掲示板を見たりして探していたが、どこも「最低3ヶ月働ける人」という条件がついている。

私はビザの有効期限自体すでに残り2ヶ月、Perth滞在も1月中旬までの予定なので、完全に該当していない・・・。

「長期働けます!」と嘘をついて雇用されたとしても辞める時に大変だし、罪悪感もある。

かと言って働かないとお金がない・・・。

どうしよう・・・。

そんな時、素晴らしいタイミングで救世主現る。

最近うちに入居したのシェアメイトのナナちゃんが、

「私が昨日面接に行ったカフェ、早朝に働ける人探してましたよ。本当に人手が足りないみたいなんで、もしかしたら短期でもいけるかも。」

と救いの一言。

カフェのオーナーの連絡先を聞き、早速電話した。

どうやら本当は早朝5時から11時まで働ける人が欲しいようだったが、私は11時からダイビングショップ勤務だし、電車の始発時間の関係もあり、朝6時半から10時までしか働けない。

その旨を伝え、最長でも1ヶ月半ほどしか働けないということも正直に話した。

しかし「それでも良いよ」と後日面接をしていただけることになった。

面接後連絡があり、奇跡的に採用。

ただ、オーストラリアは12月下旬からクリスマスホリデーに入り、ほとんどの飲食店が1週間から10日ほど休業になるため、私の雇用はクリスマスまでだ。

それでも働かせてもらえるだけで十分ありがたい。

これから少しの間だけ、朝4時起きの生活になる。

Img_1051

| | コメント (2)
|

2011年12月 4日 (日)

インストラクター試験の結果は・・・

昨日と今日はショップの仲間であるK栄さんのインストラクター試験の日。

試験を受けると決めたのが結構ギリギリだったため本当に日数がなかった。

彼は毎日朝早くから夜遅くまで学科の勉強をし、少ない時間の中でプールや海に行き実技の練習。

その努力する姿を目の当たりにしていたため、絶対に合格して欲しかった。

今日は日曜日で仕事は休みだったが、私は普段と同じ時間に出勤してオフィスの掃除をしながら結果を待っていた。

ボスはK栄さんの付き添いで試験会場へ、K子さんはFun Divingのお客様のガイドでRottnest Islandへ行っている。

途中経過&結果速報は必然的に ボス→K子さん→私 の順で連絡が来るようになっていた。

午後になり、他のショップスタッフもオフィスに集まり始めたその時、K子さんから電話が!!

「K栄さん、合格したよ!!」

良かった~!!!

夕方、K栄さんとボスが帰社。

その後すぐにK子さんもお客様と一緒に帰ってきた。

急いで片付けを終わし、みんなでK栄さんのお祝いパーティへ。

会場はとあるベトナム料理屋。

愛想が悪くニコリともしないが気の利くおばちゃんがいて、味もなかなかいけるというボスおすすめの店だ。

Img_1042

そんなプチ情報を聞いて入店したが、今日はなんだかおばちゃんの機嫌も良く、そして料理もおいしく、大満足。

話も空前の盛り上がりをみせ、気づけば4時間の宴。

終わって欲しくなかった。

ボスとK子さんは一次会で帰宅。

他若造5人は二次会へ。

Img_1047_2

頑張った彼をねぎらいつつ、ダイビングの話やこれからのことなど、思う存分話をした。

みんな掛け持ちでアルバイトをしているため、オフィスにいても全員一度に揃うことがあまりないので尚更だ。

仲間って本当に良い。

ここPerthで、今このタイミングでみんなに出逢えたこと自体がミラクルだ。

K栄さん、本当におめでとう!!

素敵なインストラクターになってね!!

| | コメント (4)
|

2011年12月 3日 (土)

こばしAdvanced Open Water Diverになるの巻

今日はAdvanced(アドバンス)講習最終日。

Img_1028

Rockinghamのビーチにて3本潜った。

1本目は水中コンパスを使ってナビゲーションをするダイビング。

2本目は海中の植物や生き物を探しながらのダイビング。

3本目は海底に沈んでいる沈船とそこに住む生き物を見に行くレック・ダイビングだ。

ちなみにRockinghamの海は船の他にセスナ機も沈んでいる。

今日の気温は36度だったので水温もちょうど良く、夕方まで楽しめた。

オフィスに戻り認定式。

これは正式なカードが届くまでの仮カード。

Img_1032

私はこのカードさえ持っていれば、世界中どこの海でも水深30mまで潜ることができる。

今後はダイビングの楽しさ、そして海の中の素晴らしさと感動をダイビング未経験の人たちに伝えたい。

海って本当にすごい。

Img_1033

| | コメント (2)
|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »