« 帰国前日 | トップページ | go back to Japan (後編) »

2012年1月29日 (日)

go back to Japan (前編)

とうとうAUSを去る日がやってきた。

前日の朝から始めた荷作りに手間取ってしまい、結局寝たのが深夜2時。

しかし起床はまさかの午前3時半。

1時間半しか寝れなかった・・・。

今日は朝4時過ぎにLane Coveを出発し、Sydney空港へ向かう予定。

私が乗る飛行機は午前9時15分発なので、本当はもう少しゆっくりしていても良かったのだが、ハウスメイトのRちゃんが午前6時発の便でGold Coastに行くのに合わせて、私も一緒に家を出ることにした。

当初、公共機関を使って空港まで行くつもりだったのだが、日曜日の早朝ということもありバスがない。

そのためタクシーを頼まざるおえなかったのだが、ニンとパパが「送っていくから心配いらないよ」と言ってくれた。

ちなみにパパはタクシーの運転手をやっている。

いつも午後~深夜の勤務のため、本来なら朝5時は完全に休んでいる時間だ。

申し訳なく思いつつ、ご厚意をありがたく受けることにした。

ついに、住みなれたLane Coveの家を出る時が来た。

トータルで約9ヶ月間住んでいた家。

本当にお世話になった。

家族や友人と離れ単身で来豪した私がホームシックにならずに済んだのは、他でもない、ニン一家のおかげだ。

パパの商売道具(タクシー)に乗り込み空港へ。

Img_1601

まずはDomestic Airport(国内線空港)に向かう。

Lane Coveから30分弱で到着し、Rちゃんとはここでお別れ。

その後、ニンとパパが「一緒に朝食を食べよう」と連れて行ってくれたのは、空港敷地内にあるマクドナルド。

Img_1602

世界的ファストフードであるマック。

AUSでも幾度となく私を助けてくれた。

ネット環境のないバッパーに滞在していた頃は毎日2~3時間マックのwi-fiを利用してネットをしていたし、夏の暑い日は¢50(約40円)のソフトクリームが命の源だった。

そのマクドナルドでの朝マックがAUS最後の食事となる。

Img_1603

3人で他愛もない話をして、メールアドレスや連絡先を交換して・・・時間はあっという間に過ぎていった。

マックを出て、いよいよInternational Airport(国際線空港)へ向かう。

国内線と国際線は空港自体が離れているため、再び車で移動。

Img_1608

車窓から見た朝焼けが本当にキレイで、空の美しさと別れの寂しさで涙が出そうだった。

5分ほどで国際線の空港に到着。

ニンとパパとはここでお別れ。

「またすぐに戻っておいで。待ってるからね。」

2人はそう言って私を抱きしめてくれた。

私は「Thank you so much」を連呼し、何度もお辞儀をし、そして大きく手を振った。

『ありがとう』という気持ちが全てだった。

カウンターにて早めにチェックインを済ませ、空港内をウロウロ。

Img_1609

AUSに来る時はJet Star航空だったが、最後ぐらいはちょっとランクを上げて天下の日本航空(JAL)を利用することにした。

JALのクオリティの高さはAUSでも有名だ。

Img_1610

パイロットの方、キャビンアテンダントの方、どうぞよろしくお願いいたします。

Img_1614

ああ、『Tokyo』の文字が輝いて見える。

気分はもう“JAPAN”一色だ。

今日の夕方にはもう日本にいるんだなぁ・・・。

Thank you and Goodbye , AUSTRALIA 。。。

Img_1612

『後半』へと続く・・・。

|
|

« 帰国前日 | トップページ | go back to Japan (後編) »

日本へ」カテゴリの記事

コメント

1年間、お疲れ様でしたconfident
色々な経験・様々な体験、時にはコワい思いや困った出来事などあったようですが、ニンさん一家やハウスメイトの方々、パースでの仲間と出会えた事は、何よりも大きな財産ですねsign03
朝の空、とてもキレイsun癒されましたclover

投稿: ピーターの友 | 2012年3月30日 (金) 19時52分

ピーターの友さんへ
ホント、いろんなことありました~(笑)。
AUSでの1年間、全てが財産ですね。

AUSの空っていつもキレイなんです。
朝の澄んだ空気の時は特に。

投稿: こばし | 2012年3月30日 (金) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰国前日 | トップページ | go back to Japan (後編) »