« Three Japanese Girls Tour (3日目) | トップページ | go back to Japan (前編) »

2012年1月28日 (土)

帰国前日

いよいよ明日帰国。

今日中に荷物をまとめて準備しなければならない。

1年生活していただけあって、さすがに“物”は増えた。

お土産などもあるため、仕方なくダンボール1箱分は航空便で日本へ送った。

残りのものをスーツケース×1、キャリーバッグ×2、ショルダーバッグ×1に詰め込む。

朝早くから始めたが、それでもかなりの長丁場になる雰囲気。

とにかくやるしかない・・・。

気分は完全に“夏休み最終日に宿題が終わってなくて半べそかいている小学生”だ。

午後になり、ハウスマザーのニンが近くの中華料理屋さんへ連れて行ってくれた。

焼きそばと牛肉の炒めとライスを注文。

Img_1594

私がニンの家に来てから今までのことや歴代のシェアメイトについて、家族のことなど、話は尽きなかった。

お店で2時間ほどゆっくりした後、帰宅。

ご存知の通り、荷造りという大仕事はまだ終わっていない・・・。

知らないうちに日は暮れて、私にも叙々に焦りの色が見えてきた。

「もうどうでもいいや」と自暴自棄になりかけていたその時、素晴らしい助っ人登場!

ハウスメイトのRちゃんだ。

彼女は明日から1週間、Gold Coast(Sydneyより北にある都市)に旅行にいく予定。

お母さんが日本から来豪し一緒に行くそうで、荷物は少なめ準備万端、とのこと。

と言うことで、荷造りを手伝ってもらえることになった。

洗面道具やブランケット、ビニール傘、消耗品は全てRちゃんがひきとってくれるため、あとは残りの荷物をコンパクトにして詰めるだけだ。

布団圧縮袋を使い、衣類を出来るだけ小さくする。

冬に随分とお世話になった皇帝(2011/5/11日記参照)も、最後の最後まで帰国チームにエントリーされていたのだが、最終的に代表落ち・・・。

今後はRちゃんを冬の寒さから守ってくれることになる。

間もなく日付が変わる頃、もう1人のハウスメイトM衣ちゃんがバイトから帰宅。

疲れているにも関わらず、「最後の夜だから」と、私の荷造りに付き合ってくれた。

数時間に渡り、詰めて→閉めて→重さ計って→また詰め直して→閉めて→重さ計って・・・と繰り返してるうちに、なんだかもう「とにかく全部詰めちまえ」的な感じになってしまい、バッグが変形するほどのギュウギュウ詰め。

ショルダーバッグなんてもう肩がちぎれそうなぐらいありえない重さになっていた。

Img_1598_2

とにもかくにも、RちゃんとM衣ちゃんのおかげでとても楽しく準備できた。

本当にありがとう。

そして私、今日で32歳になりました!!

皆様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

|
|

« Three Japanese Girls Tour (3日目) | トップページ | go back to Japan (前編) »

Lane Cove Life」カテゴリの記事

コメント

誕生日おめでとうございます!一年間のオーストラリアライフお疲れ様でした☆こばし姉さんの新たな旅立ちを応援します!!!

投稿: ピーター | 2012年3月 2日 (金) 18時55分

ピーターさんへ
ありがとうございます!!
こちらこそ、これからもよろしくです!!
またピーターさんのご自宅に遊びに参ります・・・。

投稿: こばし | 2012年3月 2日 (金) 21時18分

AUSのワーキングホリディお疲れ様でした。
実は去年の夏からずっと見てました。そして、10月末から12月末頃までわたしもAUSに行ってました。こばしさんが日記で紹介していた建物やマーケット、食べ物などを参考にたくさん回りました。本当に楽しいことや発見ばかりでした。それは、こばしさんのお陰でもあるんです。本当にありがとうございました。ワーホリが終了とゆうことで少し寂しさもありましたが、これからもずっと、応援しています。こばしさん。ありがとう。

投稿: nnm | 2012年3月11日 (日) 18時27分

nnmさんへ
初めまして!コメントありがとうございます!!
nnmさん、AUSにいらっしゃったんですね~。
その期間、nnmさんはどちらの都市に滞在されてたんでしょうか?
私の日記が少しでもお役に立てたのなら、それは本当に嬉しいことです。
これからも頑張ります!
nnmさんもお身体に気をつけて、素敵な毎日をお過ごしください。
温かいお言葉、本当にありがとうございました!!

投稿: こばし | 2012年3月11日 (日) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Three Japanese Girls Tour (3日目) | トップページ | go back to Japan (前編) »