“シドニーの中の日本”シリーズ

2011年7月28日 (木)

シドニーの中の日本(特に銀座) その5

今日は天気も良く、バイトも休みだったので、お馴染みの Lane Cove商店街へ。

通りの端に「THOMAS DUX」という若干の高級感をかもし出しているスーパーがあり、久しぶりに行ってみたところ、店の前に気になる看板が。

Img_0703

SUSHI GINZA・・・スシ ギンザ?

私の脳裏にすぐさま浮かんだ 『SUSHI GINZA』 のイメージ、それは・・・泥酔し自分のネクタイをハチマキ代わりに頭に結わえ、寿司折りを片手に千鳥足で歩くサラリーマンの姿。

これは日本人として実態を把握しなくてはならない。

そう思った私は、急いで店内に潜入。

Img_0706

店に入ってすぐの所にあったケーキの試食に惑わされながらも、なんとか現場に到着。

私の想像とだいぶかけ離れた SUSHI GINZA はこちら。

Img_0697

ただの寿司売り場・・・。

あいにく酩酊状態のサラリーマンは1人もおらず・・・。

Img_0702

これはサーモンの握りとアボガド巻き。

日本円で1100円ぐらいでしょうか。

シドニーには結構たくさんお寿司屋さんがあるのだが、大体が韓国人経営で巻き寿司メインのお店だ。

握り寿司はそんなに見かけない。

そして何故か、全ての巻き寿司に必ずと言っていいほどアボガドが入っている。

日本人がやってるお店なら入ってないのかもしれないが、渡豪して未だ日本人経営のお店に行ったことがないため、はっきりしたことは分からない。

ちなみにこのお寿司をプロデュースしたのが写真の男性。

Img_0699

詳細が書いてあるものが店内になかったため、家に帰ってネットで調べてみたら、Joon Lee さんという韓国人の方だった。

やっぱりね、アボガド入ってたからな~。

このJoonさん、日本で15年ほど修行をした後にオーストラリアへ渡り、今はシドニーに2軒お店を持っているとのこと。

私がこの小さなギンザに滞在している数分の間、2人のオージーが買い物カゴに寿司パックを入れていった。

そこそこ人気のようだ。

ちなみに枝豆もあった。

Img_0701

枝豆と言えばビール(と言っても私はアルコール全然ダメ)。

ビールと言えば夏(もちろんビールも飲めません、と言うか嫌い)。

枝豆 → ビール → 夏。

枝豆を見て、「ああ、今日本は夏なんだな~」と母国に思いをはせた昼下がりでした。

| | コメント (4)
|

2011年7月15日 (金)

シドニーの中の日本 その4

仕事に行く時そして帰る時も、タウンホール駅とセントラル駅でお姉さん数人が何かを配っていたので、試しにもらってみたら・・・

・・・それは“日本”だった。

Img_0674

オージー版花王のアタック。

こっちでもアタックが売られているのは知っていたのだが、どうやら、よりコンパクトに生まれ変わるようだ。

オーストラリアは夏の時期、特に水不足になるので、「少ない水量で驚きの白さに!」って感じだろうか。

Img_0676

頑張れ、日本企業!!

| | コメント (2)
|

2011年2月28日 (月)

シドニーの中の日本 その3

うちの近辺にある唯一の商店街。

豪州では有名な大手のスーパーも2つあり、カフェや各国のレストラン、エステや美容室など特に困ることはない。

その中で、私が「Lane Coveのドンキホーテ」と呼んでいる店が一軒あり、かと言ってそんなに大きくはないのだが、日用品から文房具、下着に至るまで、とりあえずはなんでも揃う。

この前の休日、散歩がてらドンキの前を通った時、200%違和感を感じる日本の姿が視界に入ってきた。

細かい説明など要らないと思います。

とにかく衝撃画像見てください。

はい、こちら、ドン!

Img_0111

Geisha(ゲイシャ) って・・・。

どう見ても違うだろ・・・。

しかもこの商品、店頭のコスプレコーナーの最前列に出てた。

一体、どちらの置屋に行けばこういうタイプの芸者さんに会えるんだろうか・・・。

何も知らない外国の方はこういうのを見て勘違いしちゃうんだろうなぁ。

このGeisha、私的にはサイズの合わない浴衣を着た外国人旅行客か、試合を控え今からリングに上がろうとしている外国人レスラーにしか見えない。

一応この日記のタイトルを「シドニーの中の日本」としたが、正式には「バーチャル(仮想)日本」ということでお願いしたい。

こちらに来てまもなく1ヶ月。

私が渡航した直後に日本の芸者が写真のようなスタイルに変化してしまったのであれば、至急どなたかご一報下さい。

| | コメント (2)
|

2011年2月23日 (水)

シドニーの中の日本 その2

とある道を通る度、ずっと気になっていたことがあったのだが、「もしそれが事実ならどうしよう・・・」と怖くてずっと直視できず・・・。

しかしここはひとつ、日本代表としてしっかり確認しなければ!と覚悟を決め、いざ疑惑の場所へGO。

ああ、やっぱり私が思っていた通りだ・・・。

これは一応日本大使館に連絡をした方がいいのか?

だって、このシドニーの町中に・・・

突然・・・

日光東照宮登場。

Img_0092

台座らしき部分にでっかく「PUB」って書いてありますけど、これは明らかに東照宮にある有名な三猿だと思うのですが・・・。

一応本家本元を載せておきます。

Dscf1063

こっちがパクりだと思われたらマジで困る・・・。

でもこれがキッカケで、日豪の外交に悪い影響が出たらもっと困るので、今後この件に関しては、私も「見ざる言わざる聞かざる」ということで、ノーコメントを通すことにします・・・。

| | コメント (4)
|

2011年2月13日 (日)

シドニーの中にいた日本人

シドニーには日本人がたくさんいると聞いていたが、なぜかそんなには会わない。

アジア系の顔をしている集団とすれ違っても韓国語、中国語を話している人がほとんど。

そんなわけで、たまに日本語を話している人(日本人)を見つけると、ちょっとだけ貴重だなと思ってしまう。

こっちに来て3日目ぐらいの時、ショッピングセンターですれ違ったアジア系カップル(日本人男性と中国人女性)の男性の方から、日本の代表的医薬品の名前が聞こえてきたのでビックリ。

SEIROGAN(正露丸)、と・・・。

一体どういう話の流れで正露丸までたどり着いたのか分からないのだが、男性は女性に

「SEIROGAN is Chinese medicine.(正露丸は漢方薬だよ)」

と説明していた。

正露丸は漢方薬なのか??

調べたところ、「漢方薬に含まれるような生薬も入ってはいるが、厳密には漢方薬ではない」とのこと。

誤った知識を彼女に植え付けてしまいましたね、日本男児くん・・・。

そして先日、かなりインパクトのある日本人に遭遇した。

あれは多数の人がごった返すシドニーの街中で信号待ちをしていた時のこと。

リュックを背負ったかなり体格のいい男性(おそらく20代後半)が遠方から歩いてきた。

耳にはイヤホンをして音楽を聴いている様子。

足取りは軽やか、迷惑なほど大きな声で歌を歌いながら近づいてきていた。

どこの国の人だろう?歩きながら路上ライブだよ、こりゃ。

彼との距離が1mほどになった時、国籍判明。

He is Japanese・・・。

しかも歌っていたのがMr.childrenの「イノセントワールド」。

あんた本当にイノセント(無邪気)だよ・・・。

私も負けずに存在感ある日本人になろうと思った出来事だった。

| | コメント (4)
|

2011年2月12日 (土)

シドニーの中の日本

今日は語学学校に通い始めてから初の休日。

先週はこっちに来たばかりでバタバタしてあまり休めた感じがしなかったので、今日は思い切って市内に買い物に出かけることにした。

いつも学校へ行く時に通る道はあえて避け、地図を片手に別ルートで。

日本にいる時もフリーペーパーやタウン誌は好きでかなり見ていたけれど、こちらにも日本人向けの無料情報冊子などがあり、私はそこから多大なる情報を得ている。

オーストラリアの食料品に関しては日本よりも安いものもあるのだが、その他の日用品などは高い場合がほとんどで、必要だとしても買うのを躊躇してしまうことが多々ある。

昨日たまたま見たフリーペーパーで日本を感じることができる店を発見したので、どんなもんか様子をうかがいに行ってみることにした。

いつもはダーリングハーバー沿いを歩くのだが、今日は橋を渡ってシティに向かう。

港ではボートの大会をやっているらしく、たくさんの人だかり。

Town Hallの辺りまで来て、目的地はすぐそこのはずなのに見当たらず、地図をガン見していたら、迷っているのが分かったのか、親切な方が声をかけてくれた。

「Are you Japanese?」

そこにはヘルメットを持ったアジア系の男性がひとり。

彼は道順を丁寧に教えてくれた。

信号を待っている間、少しだけおしゃべり。

彼の名はヒョゴ(と聞こえた)、いや、ヒュゴだったか・・・、まあこの際どちらでも良しとしよう、韓国人でシドニーに来て3ヶ月。

現在語学学校に通っていて、今日はバイトとのこと。

近くに屋根つきのオートバイが停めてあり、どうやらそれを使ってタクシー的な仕事をしているようだった。

さすが、ジェントルマンなコリアンボーイ。

ヒュゴ(名前未確認)のおかげで私は無事に第一の目的地に到着することが出来た。

それはこちら。

Img_0042

「Books Kinokuniya」

そう、あの紀伊国屋書店なのです!

もちろん日本の書籍も手に入る。

雑誌とか2倍以上の値段だったけれど・・・。

店内をひと通り見てまわり、次の目的地へ。

紀伊国屋から歩いて3分。

Img_0043

なんと、みんな大好き100円ショップ!!

とは言っても日本円で買い物できるわけではなく、こちらでは2.5ドルショップとなっている。

今のレートだと大体200円ぐらいかな。

あれ?100均じゃねぇな・・・。

でもオーストラリアで日本のものを買うと物凄く高いので、200円で手に入るなら安いと思う。

私は空港で没収されたカッターを購入。

2階が2.5ドルショップ、1階はMARUYUという日本食料品店になっていて、そこでは餅を買った。

Img_0045

1箱に小さいお餅が6個。

えっと・・・、あまりおいしくはなかったです、ごめんなさい。

これで、今日決めていた予定は全て終了。

帰り道、橋の上で顔にペイントした可愛い3人娘に出会った。

Img_0044_2

外国人の子供ってどうしてみんなハッキリした顔してるんだろう・・・。

その後、家の近くにあるスーパーに立ち寄った際、数種類の出前一丁に遭遇。

特売だったので1個90セント(約74円)、嬉しくて全部買ってしまった。

Img_0046

よく見ると、袋のいたるところに英語表記されている。

日本にはこんなにたくさんの種類の出前一丁はないような気が・・・。

マジで良い店見つけたぜ・・・。

| | コメント (7)
|