豪州グルメ

2011年8月17日 (水)

最近よく食べているのは・・・

ここ何ヶ月か忙しい日が続き、手軽であり、また美味しいということでよく食べているのが、こちら。

Img_0750

ミートパイ。

前回の日記で「久しぶりに鶏肉以外の肉を食べた」と書いていたけれど、よくよく考えてみると、ミートパイで牛肉摂取してた・・・。

すいません・・・。

普通にレストランやパイ専門店でも食べられるのだが、節約生活の私はいつも大手スーパーで売ってる6個入りで3ドルちょっとのものを食べている。

安いけど、これがまたとても美味しい!

レンジで3分。

サクサクのパイの中には熱々の挽肉がたっぷり。

Img_0751

オーストラリアにはイギリス植民地時代の名残を感じさせる料理がたくさんあり、特に「フィッシュ&チップス」と「ミートパイ」が有名。

フィッシュ&チップスは何度か食べたけれど、なぜかミートパイは食べたことがなかった私。

そんな5月のある日、新しくシェアメイトとしてうちにやって来たM香ちゃんが食べていたのが噂のミートパイ。

それがなんだかとても美味しそうに見えて、尚且つ作り方を聞いたら

「ただ単に、レンジで3分温めるだけです。」

との素晴らしい回答。

早速買いに行き、温め、初めて食べた時のあの感動、忘れない。

気分は完全に彦摩呂だ。

日本に帰国してからも食べたいと思い、通販で購入できるミートパイを調べてみたけれど、たっ、たっ、高っ!!

約10倍の値段。

関税がかかるからかなぁ。。。

でも1度は日本の家族に食べさせたい。

豪州に来る機会のある方、1度はミートパイ食べてみてください。

オススメです!

| | コメント (7)
|

2011年7月16日 (土)

やめられない、とまらない・・・

豪州には恐ろしい食べ物が存在する。

それがこちら。

Img_0504

「Tim Tam(ティムタム)」

こっちのお土産として有名なのだが、普段食べるお菓子としても大人気。

私とティムタムの出会いは、語学学校のランチタイムに友達からもらったのが最初。

もちろん存在自体は知っていたのだが、お菓子としては若干高めだし、特に買おうという気にならなかったのだ。

その時までは・・・。

試しにひとつもらって食べてみた私。

「うっ、うまーい!!!!!」

サクッとしたビスケットの食感とコーティングされた濃厚なチョコレートが生み出す絶妙なハーモニー、緻密に計算された厚さと食べやすい大きさがこれまた憎い。

私はその日からティムタムに夢中になった。

これほどまでに大好きなティムタム、何が恐ろしいのかと言うと、それは予想以上に高いカロリー。

たった1枚で100キロカロリーも・・・。

例えばうっかり1袋(11枚入り)全部食べてしまおうものなら、それはそれは恐ろしいことに・・・。

と分かってはいるものの、一度食べたらやめられない、とまらない。

以前、スーパーでティムタムの特売をやっていて、そこでまとめ買いをしてしまい、毎日必ず数枚食べていた時期があったのだが、なんと1ヶ月で6キロも体重増。

顔にも無数の吹き出物。

しかし、体質的に体重の増減が激しい私、増えるのも早いが減るのも比較的早いため、仕事を始めて2週間ほどで元の体重に戻りました。

ああ、恐ろしや、ティムタム。

でもやっぱり好きなので、帰国する時はきっとたくさん買って帰るんだろうな~。

I love TimTam...

Img_0502

| | コメント (5)
|

2011年4月30日 (土)

豪州のお菓子 liquorice(リコリッシュ)

私の働いているマーケットに、日本でいう駄菓子屋さんのようなお店がある。

日曜日はちょうど私のサングラス屋の真向かいに出店しているため、お店の人とも仲良しだ。

そのお店のメイン商品はliquorice(リコリッシュ)という豪州の代表的なお菓子。

Img_0209

初めて見た時は、正直ヘビか高麗人参かと思ったほど全く正体つかめず。

原材料はスペインカンゾウ(甘草の一種)の根ということで、どうやら体にも良いらしい・・・。

「試しに食べてみなよ」とオーナーのイアンに勧められ、ライチ味とイチゴ味を少しもらう。

歯ごたえはハイチュウみたいな感じ、甘くて結構おいしい。

色鮮やかなリコリッシュの中に真っ黒いのがいくつかあったので何の味か聞いたところ、「これが元々本来のリコリッシュなんだよ」とのこと。

そっか、いろんな味を試す前にまずはオリジナルを食べなくちゃと思った私。

それも試食させてもらうことになったのだが、口に入れた瞬間にものすごい衝撃が・・・。

ま、ま、マズイ・・・。

というか、これはタイヤでしょうか・・・。

突然のアクシデントに英語で会話することもままならず「どうも・・・。」とダイレクトな日本語で挨拶をして即行自分の店に戻り、水をがぶ飲み。

その場で顔に出さなかっただけ、本当に自分頑張った。

マーケットにおける日豪の良好な関係をなんとか守り切ることが出来た。

リコリッシュはこっちのスーパーやコンビニにも必ずおいてあるほどメジャーなお菓子で、実際マーケットでも多くの子供達が買っていく。

一度食べてみたいという方はお気軽にこばしまでご連絡を。

お土産に買って帰ります。

Img_0208

写真がオーナーのイアン。

そしてみなさん、お気づきでしょうか?

写真右下をご覧いただきたい。

見覚えのあるパッケージ・・・そう、ポッキーも売ってるのだ。

シドニーの日本食料品店だと日本円で約400~500円ぐらいする高級菓子ポッキーが、イアンの店ではなんと約200円!!

嬉しくなって2箱購入したのだが、なんでそんなに値段が違うのか、箱を見て即判明。

輸入元が日本じゃなくてタイだった・・・。

製品の説明書きがタイ語で、あちらのアイドルらしき3人組の写真もプリントされてる。

味はほぼ一緒だが、若干脂分が多い感じがしたのは気のせい?

イアンは毎週インドネシア人の奥さんと3才の息子も一緒にマーケットに連れて来る。

その息子が本当にかわいくて、私はいつも癒されている。

君を見てると疲れも吹っ飛んでいくよ、ありがとう。

Img_0325

| | コメント (5)
|

2011年4月 9日 (土)

異色のコラボ

ここ数日寒かったせいか、胃腸の調子が悪い日が続き・・・。

そのことを在豪1年半のM美さんに話したところ、勧められた食べ物がこれ。

Img_0173

「Rice Pudding」・・・。

米プリン・・・。

どうやらM美さんの妹さんが体調を崩して何も受け付けなかった時、唯一食べることができたという素晴らしい食べ物らしい。

米粒が自らの存在を主張しているスイーツの代表としておはぎが挙げられるが、個人的にそれは好きなので、もしかしたらこれもいけるんじゃないかと思って挑戦してみた。

・・・が、3分の1ほど食べたあたりでギブアップ。

どうにもこうにも、カップの下方で待ち構えていたチョコレートたちと微妙に形の残っている米粒たちとの融合に耐えることができず・・・。

残念・・・。

正直、これは体調が良い時に食べた方がいいんじゃないか、いや、体調が良い時しか食べきることが出来ないんじゃないかと思った・・・。

オージーは Rice Pudding 好きなのかしら・・・。

| | コメント (4)
|

2011年2月26日 (土)

フルーツ天国

先日のブログでも日本との物価の違いについて触れたが、キロ売りのフルーツ達は割安な為、最近たくさん食べている。

例えば、日本では高いイメージのこちらのフルーツ。

Img_0097

半分に切ったサイズのもので、なんと150円弱。

しかも甘い!

安くておいしかったので、その3日後にまた買いに行ってしまった。

そしておとといは新鮮なキウイを購入。

1kg約240円だったので、バラで4個購入して約120円ぐらいだった。

こちらも甘くてみずみずしくて、本当においしかった。

フルーツ天国、オーストラリア。

ビタミン補給は重要だ。

| | コメント (3)
|

2011年2月22日 (火)

こばしのくいしん坊!万才

今日は学校が終わった時点でかなりの空腹だった私。

基本的にたくさん食べるのが苦手な私なのだが、今だったらステーキ3人前、寿司20貫、ケーキはホール丸ごといけるんじゃないかというほどお腹が空いていた。

急いで帰宅して何か作るか・・・とも思ったのだが、料理している間にも意識が遠のいていきそうなレベルの空腹だったので、こんな時こそ豪州名物に挑戦してみよう!と、いざLane Coveの商店街前でバスを下車。

今回選んだのはオーストラリア名物フィッシュ&チップス。

揚げた白身魚とフライドポテトがお皿に共存。

Img_0096

注文してから揚げてくれるので、できたてを食べることができる。

とてもおいしく、無事に完食。

最後、店の人に

「ありがとう、とてもおいしかったです。」

と言って格好良く去って行きたかったのに、いつもの如く肝心なところで噛んで、結局店内全員の失笑を浴びながら店を出る羽目に・・・。

まあ、とにかく満足したので良しとしましょ。

| | コメント (4)
|