Perth Life

2012年1月16日 (月)

Goodbye, Perth!!

あと数時間で大好きな Perth ともお別れ。

10月15日にこの地を踏んでから丸3ヶ月。

冗談抜きで本当に早かった。

Sydneyから飛行機で5時間、まさかPerthに住むことになるとは思ってもみなかった。

ここで私はたくさんの人と出逢い、たくさんの繋がりを得ることが出来た。

特にダイビングショップで一緒に働いた仲間たちとの縁は何にも代え難い宝物だ。

このタイミングでみんなと出逢い、充実した日々を過ごせたことを心から感謝している。

今日、最後の挨拶をするためオフィスに顔を出した。

Img_1340

休みなのにも関わらずわざわざ会いに来てくれた人もいて、本当に嬉しかった。

仲良しのインストラクターK子さんからは手紙を頂き、バイトで会えなかった仲間からは電話をもらい、殿方からは駅まで送ってもらい、最後の最後まで幸せな気持ちでいっぱいだった。

Img_1359

みんな、本当に本当にありがとう。

Img_1362

帰国の時期はバラバラだが、「日本で必ず集まろう!!」と約束している。

全員ダイバーなので(インストラクター3人、インストラクター候補生2人、アマは私のみ)、海に集合してダイビング宴会もありだ。

暫しの別れ、ホントに寂しい・・・。

Img_1336

毎日家から駅まで歩いたこの道も今日で最後。

線路沿い歩くの好きだったなぁ。

Perth は本当に素敵なところだ。

日本から直行便もないし遠いけど、一度は来て欲しい。

Perth→Sydneyのフライトは午後11時。

Thank you so much, Perth!!

And see you again!!

| | コメント (2)
|

2012年1月12日 (木)

ナナちゃんと私

私がKenwickのシェアハウスに住んで2週間経った頃、新しく入居してきたナナちゃん。

彼女は私よりも7つ年下なのだが、初対面で自己紹介をしてすぐに「名前+ちゃん」づけで呼ばれ、その時点で完全に年の差があることを忘れてしまった。

彼女は人懐こく、天真爛漫。

しかし考え方はしっかりしていて英語も堪能。

Second Visaを申請してAUSには2年いる予定(今は1年目)とのこと。

ナナちゃんと私にはたくさんの共通点がある。

まず肝心な笑いのツボが一緒、音楽の趣味も一緒、家族構成も同じ(3人兄妹の真ん中だし)、手紙を書くのが大好きだし、考え方も似ていて、努めて常にポジティブである。

私はそんな彼女を尊敬し、慕い、絶大なる信頼を寄せている。

また、彼女に感謝すべきことも。

私が貧乏なため「ほとんど毎食食パンしか食べていない」ということを知っているナナちゃん。

バイト先の回転寿司からお寿司や料理のお土産を持ってきてくれるのだ。

そのため彼女が住んでから私の食生活は激変。

一時期、ほぼ毎日のようにお寿司を食べていた。

そしてダイビングショップで営業をしていた私の初めてのお客様もナナちゃん。

彼女は元々日本でスポーツ関係の専門学校を卒業していて、最初のライセンスはすでに持っていたのだが、今回Advance(アドバンス)とRescue(レスキュー)のライセンスを取ってくれることになった。

ツアーにも参加してくれて、念願だった「一緒にAUSの海に潜る」ことも出来た。

そんなナナちゃんも数日前、別のシェアハウスに引越してしまい、なかなか会えなくなってしまった。

私も間もなくPerthを離れるし、今月末には帰国だし、当分はメールか手紙かSkypeでのやりとりになりそうだ。

今後もずっと続いていく彼女との繋がりを大事にしたい。

素晴らしき出逢いに感謝。

Img_1193

| | コメント (0)
|

2012年1月 2日 (月)

Perthの好きなところ

私はPerthが好きだ。

例えば街がキレイなところとか、人が優しいところとか、理由はいろいろあるのだが、その中でも自分的に大絶賛したい理由がある。

それはズバリ・・・・

『洗濯物が超早く乾くこと』

まあ、それだけ空気が乾燥してると思うと別な意味で怖いのだが、それでも本当に助かっている。

天気が良い日なら、大体朝7時頃に洗濯機を回し8時前に干してしまえば1時間半で完全に乾くし、昼の気温の高い時に限っては1時間以上干した時点で洗濯物はお煎餅並みにパリパリ・・・。

Img_1199

うちの裏庭には大きな物干しがあるので、どんなにたくさん洗っても平気だ。

それにシーツなど大きなものを洗っても、すぐに乾くのですぐに取り込めるし、誰に迷惑をかけることもない。

最高だ。

Img_1198

日本の主婦のみなさんにもこの感動を分けてあげたい。

| | コメント (6)
|

2012年1月 1日 (日)

最高の年越し&年明け in Perth

あけましておめでとうございます!!今年もよろしくお願いいたします!!

31日、大晦日の昨日。

1人1品持ち込みでダイビングショップの忘年会があった。

ありがたいことに、年末年始も普通にツアーやらファンダイビングやら講習でショップは大忙し。

もちろん昨日も私以外のスタッフはみんな海から帰ってきてそのまま参加。

(注:写真はまだ準備段階です)

Img_1155

当初夕方6時ぐらいから始める予定が、片付けなどしていたらあっという間に時間は過ぎ、結局8時頃になってしまった。

みんな1年を振り返り、そしていつもの如く“海”と“ダイビング”の話へ。

今まで何千本と潜っているボスや、いろんなお客様といろんな場所でダイビングしているインストラクターの話は本当に興味深く、そして面白い。

私がこのショップで働けるのもあと少し。

みんなとの別れがつらい・・・。

残りの日々、とにかく精一杯仕事させていただこうと思う。

楽しい宴は2時間半ほどで終了。

後片付けをして、私だけ次の場所へ移動。

シェアメイトのナナちゃんが自分のバイト先(お寿司屋さん)の忘年会に招待してくれたのだ。

私はすでにお腹いっぱいだったのだが、目の前に並べられた品々が本当においしそうで誘惑に負け、少しつまんでしまった。

特に、お店に出してないオリジナルのお寿司があり、通常メインとなる数種類の具材を全て入れた巻き寿司なのだが、これが素晴らしく絶品!

みんなから「神巻き」と呼ばれているのも分かる気がする。

あと30分で年が明けるというタイミングで一度店を出て、スワンリバーへ。

なんとここで New Year の花火が見れるらしい。

20分ほど待っただろうか。。。

周りの外国人たちが「Happy New Year!!」と叫び始めたタイミングで「ドン!!」という大きな音。

数十発の花火が Perth の夜空を彩った。

Img_1180

Img_1181

やっぱり花火は良い。

まさに日本の心だ。

風情のある15分を過ごし、再びお店へ。

天才シェフ(26才)がなんと年越しそばを作ってくれた。

温はこちら。

Img_1184

そして、冷はこちら。

Img_1185

来豪以来初めて食べたそば、おいし過ぎて言葉が出なかった。

シェフ、本当にありがとう。

和、洋、中、デザートに至るまで何でも作れる彼。

完全に尊敬に値する人だ。

数時間お店のみんなで様々な話題について語り、そろそろ帰るか・・・という時、シェフが数種類のお寿司と手作りケーキを大きな容器に詰めて持たせてくれた。

Img_1186

帰りはなんと家まで車で送ってくれるという親切ぶり。

若いのにかなりのジェントルマンだ。

ありがたい。

帰宅は午前4時。

誘ってくれたナナちゃんに感謝しつつ就寝。

おかげ様で素敵な年越し&年明けになった。

激動の2011年も終わり、今日から2012年。

昨年は渡豪してすぐ日本で震災があり、“生きている意味”を考え、そして“生かされているありがたさ”を感じた。

日々全てのことに感謝の気持ちを忘れず、一日一日を精一杯生きていきたい。

皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (2)
|

2011年12月27日 (火)

こばし初めてカジノに行くの巻

隣のシェアハウスに住む台湾ボーイ Sunny(サニー)に誘われて、初めて本物のカジノに行った。

とは言っても賭けるお金もないため、目的はカジノ内レストランでやってるバイキングだ。

Perth駅から直通の無料バスに乗り、カジノ到着。

Img_1115

中に入り、お得な$10(大体800円ぐらい)チケットを購入。

チケットの内容は以下の通り。

●Perth駅⇔カジノの送迎バス利用

●ランチ代(バイキング)

●3ドル分のゲーム代(カジノ利用)

ありえないほど安い。

Img_1116

とりあえず腹ごしらえ。

レストランへ進み、数十種類の料理、デザート、ドリンクの中から自分の好きなものをチョイス。

日々の生活で不足している栄養分を全て補うことができた上、味も最高、大満足。

特に嬉しかったのはチョコレートソフトクリームの機械があったこと。

ここぞとばかりに頂いてしまった。

幸せなひととき、ありがとう。

Img_1111

Sunnyから「お金かからないし、カジノの会員カードを作るといいよ」と勧められ、言われるがまま申し込みしてみた。

カードがあるとポイントが貯められる上、カジノ内の自販機のドリンクが無料で飲める。

カジノ、かなり儲かってるんだろうな・・・。

写真は最初に買った$10チケットと、作った会員カードなのだが・・・

Img_1122

カードの名前に注目して欲しい。

Img_1123

“KA”BASHI ?

カバシって誰・・・。

私、コバシ・・・。

受付のおばちゃん良い人だったから、まあ、どっちでもいいや・・・。

折角なので、チケットの1ドル分を賭けて「KENO」というゲームをやってみた。

予想通り、負け。。。

お金は地道に働いて稼げということだな。

このカジノの隣にはホテルが併設されており、玄関前に大きなクリスマスツリーとトナカイがあった。

Img_1106

素晴らしき初カジノ潜入。

“オーストラリアにいるからこそ”の貴重な経験だ。

| | コメント (2)
|

2011年12月25日 (日)

Happy Merry Christmas ! ! in Perth

ブログをご覧の皆様、メリークリスマス!!

今日はクリスマスだし、日曜日だし、日本はケーキだ!飲み会だ!プレゼントだ!と賑わっているのではないだろうか。

こちらPerthも今月に入ったあたりから街中クリスマス風にデコレーションされ、夜はイルミネーションが点灯、お店もクリスマス商戦真っ盛り。

そんな力の入れようで迎えた12月25日、Perthのクリスマス・・・ですが・・・。

ほとんど(おそらく99%)の店は閉まり、開いているのはチャイニーズ系のショップ数店のみ。

今日は大手スーパーやマクドナルドまでもが休み。

なので、Cityに行ったところで何も買えないし、何もできない。

どうやら、“家族みんなで集まって家で過ごす”というのがオーストラリアのクリスマスらしく、基本的にみんな外出しない。

そのため、昨日は買いだめをする人たちで街中もスーパーも大変な騒ぎになっていた。

ちなみに明日26日は「Boxing Day(ボクシング・デー)」といってデパートなどが一年に一度の大バーゲンをする日。

今日の反動で明日のCityはきっとハチャメチャだ。

ということで、本当はPerthのクリスマス当日をレポートしようと思っていたのだが、それは完全に無理なようなので、イヴまでの様子で勘弁して欲しい。

まず、街の中心に設置されたクリスマスツリー。

夜になるとイルミネーションが点灯。

かなりキレイ。

Img_1068

クリスマスの数日前、広場のステージでミュージカルをやっていた。

駅前の広場だったので電車を待つまでの間、数分だけ鑑賞。

Img_1100_2

それからここ数日、新しいタイプの大道芸人が増えてきた。

こちらは竹馬おばさん。

写真もバンバン撮らせてくれる。

かなり太っ腹。

Img_1099

路上アーティストたちもクリスマススタイルだ。

先日からクリスマスホリデーに入っているため、子供たちもたくさんいる。

日本の街もこんな風だったら楽しいのに、とよく思う。

Img_1101

私はというと、昨日は仕事で結局夜8時前に退社。

帰宅してから隣のシェアハウスのパーティに参加し、楽しいイヴの夜を過ごすことができた。

今晩はナナちゃんが作ったピザでクリスマスを祝う予定。

楽しみ~。

Img_0980

| | コメント (2)
|

2011年12月15日 (木)

Early Bird こばしの巻

(注: Early Bird とは「早起きな人」という意味です。)

早朝バイトも早2週目。

毎日ジャガイモやらニンジンやらサツマイモやら大量の野菜の皮をむき、カットしている。

時間がある時に限るが料理を作るのは好きなので、キッチンハンドはとても楽しい。

ここは一応カフェなのだが“Japanese food & cafe”風なお店なので、お寿司や生春巻きなども作っている。

私は仕込みが中心なので、キッチンで行われる朝の“巻物戦争”に出兵することなく、店内のカウンターにて好青年T君と仕事をすることが多い。

T君はまだ22才。

1年近くこのカフェで働いているため、何でも知ってるし、仕事も出来るし、みんなから頼りにされている。

私より10才も年下だが、それを感じさせないほどのしっかり者だ。

そして2人の間に大きな共通点発覚。

私とTくん、同郷だった・・・。

「オレ、オーストラリアに来てから、自分と同じ県出身の人と会ったの初めてです!!」

と言われた。

確かに、私もこっちに来てから出会った同郷の人はT君を含めて2人だけ。

すごい偶然だ。

そのため、ローカル話で盛り上がることもしばしば。

また、朝の仕込みの時間はいつも店内に音楽が流れているのだが、その選曲がまた素晴らしい。

私の大好きなロックバンド「Blue Hearts(ブルー・ハーツ)」の曲が多いのだ。

T君:「Blue Hearts でいいですか?」

 私:「というか、Blue Hearts がいいです。」

こんな感じ。

また、仕事中に淹れたてのおいしいカフェラテをいただけるのもありがたい。

私も実家ではよくハンドドリップでコーヒーを入れていたが、さすがに商売人が作るコーヒーの味には勝てない。

それからもうひとつ、驚くべき出会いがあった。

キッチンを仕切っているA子さんという方がいるのだが、なんとダイビングインストラクターのライセンスを持っており、その上なんと、うちのボスTさんの教え子であり、インストラクターK子さんの後輩だった!!

このことをボスとK子さんに伝えたら、

「え!!A子さん、今どこで何やってんだろうって思ってたけど、まさかこんなところで繋がるなんて・・・。」

と、もちろんビックリ。

Perthって意外に狭い。。。

そんな感じで、ここのお店はオーナーを始めスタッフみんな親切。

おかげさまで早朝バイト、とても楽しいです。

クリスマスホリデーまであと数日、頑張ります!!

| | コメント (2)
|

2011年12月 5日 (月)

夜のバイト(終)→早朝バイト(始)

クリーナーのボスが来週日本へ帰国する関係で、夜やっていた掃除のバイトは先週いっぱいで終了。

それに伴い新しいバイトを探さなければならない。

当初、ネットで検索したりエージェントの掲示板を見たりして探していたが、どこも「最低3ヶ月働ける人」という条件がついている。

私はビザの有効期限自体すでに残り2ヶ月、Perth滞在も1月中旬までの予定なので、完全に該当していない・・・。

「長期働けます!」と嘘をついて雇用されたとしても辞める時に大変だし、罪悪感もある。

かと言って働かないとお金がない・・・。

どうしよう・・・。

そんな時、素晴らしいタイミングで救世主現る。

最近うちに入居したのシェアメイトのナナちゃんが、

「私が昨日面接に行ったカフェ、早朝に働ける人探してましたよ。本当に人手が足りないみたいなんで、もしかしたら短期でもいけるかも。」

と救いの一言。

カフェのオーナーの連絡先を聞き、早速電話した。

どうやら本当は早朝5時から11時まで働ける人が欲しいようだったが、私は11時からダイビングショップ勤務だし、電車の始発時間の関係もあり、朝6時半から10時までしか働けない。

その旨を伝え、最長でも1ヶ月半ほどしか働けないということも正直に話した。

しかし「それでも良いよ」と後日面接をしていただけることになった。

面接後連絡があり、奇跡的に採用。

ただ、オーストラリアは12月下旬からクリスマスホリデーに入り、ほとんどの飲食店が1週間から10日ほど休業になるため、私の雇用はクリスマスまでだ。

それでも働かせてもらえるだけで十分ありがたい。

これから少しの間だけ、朝4時起きの生活になる。

Img_1051

| | コメント (2)
|

2011年10月28日 (金)

やどかりこばし(Kenwick編)

Kenwick(ケンウィック)という町に引っ越した。

駅まで歩いて5分という立地。

3部屋+1バスルームの家で、3つのうち、ひと部屋がシェアルーム(2人部屋)、残りふた部屋がオウンルーム(1人部屋)になっている。

私は初めからオウンルームを希望していたが、退去する方の都合で2週間だけシェアルームに入ることになった。

同い年のコリアンの子と同室だ。

結構気を遣うんじゃないかと思っていたが、とてもフレンドリーで親切。

心配する必要は全くなかった。

良かった。

他に日本人のシェアメイトが2人いるが、どちらも本当に良い人でとにかくホッとしている。

家の周辺は静かで、落ち着いて生活できる感じ。

裏庭にはレモンの木があって、コリアンの子は絞って毎日生ジュースにして飲んでいるらしい。

Img_0924

それから今時期ではないが、ブドウの木もある。

Img_0925

かわいくて素敵な家だ。

やっぱり自分にはここ Perth が合っている。

町の雰囲気ものんびりしたところも、そして人が優しいところも。

今日から Kenwick での生活が始まる。

Img_0922

| | コメント (2)
|

2011年10月24日 (月)

クリーナー始めました

ダイビングショップの仕事だけでは生活が苦しいので、朝早くに始まり午前中で終わる仕事か、夕方から夜にかけての仕事を探していた。

そんな時、某日系サイトに4ヶ月ほど前に掲載されたクリーナー(清掃)の求人を発見。

「いくらなんでも4ヶ月も前じゃ、締め切っているだろう」とは思ったのだが、ダイビングショップのように未だ募集中かもしれないし、もしくは前の人が辞めて、今ちょうど募集をしようと思っているかもしれないし・・・と電話してみた。

ただひとつひっかかっていたのが、「3ヶ月働ける方のみ」という条件。

私は残り2ヶ月半ぐらいしかPerthにいない。

しかしとりあえず連絡してみた。

話を聞くと、どうやら1月末まで働ける人に絞って探しているそうだ。

ボスが12月から1月末まで日本に帰国するため、その間はいてもらわないと困ると言われた。

ああ、やっぱりダメか・・・と思っていたが、「11月末まで約1ヶ月間の雇用で良ければ採用できますけど・・・」と言われ、迷ったあげく働くことにした。

結局ボスが出国する直前の11月末まで私が働き、その後12月から別の人を採用し、その人に1月末までやってもらうという考えのようだ。

短期間ではあるが、採用された。

自分は運が良かった。

しかも場所はダイビングショップの隣の隣という好条件。

平日5日、時間も夜7時から9時半までで適度な長さ。

ちなみに今日はクリーナー初日だった。

弁護士事務所が入っているビルのため、基本的にキレイ(喜)。

私は全フロアのキッチンとトイレを担当。

結構面白かった。

明日ももちろんクリーナーの仕事あり。

しかしこの仕事は11月末までで終了するため、午前中だけの仕事も何か探さなければならない。

Sydneyはあんなに仕事が溢れていたのに、Perthで探すのはなかなか大変だ。

でも自分はなんだかいつもタイミングが良い。

またすぐに何か良いこと、良い縁があると信じているし、そう思わないと LUCKY や HAPPY は実際にやって来ないと思っている。

落ち込みやすい自分、それでもプラス思考でさえいれば、なんとか復活できたりする。

考え方ひとつで幸にも不幸にもなるのだ。

常にポジティブな人間でありたい。

| | コメント (2)
|